Manhattan Portage BLACK LABEL Presents
ストリートで遊んできた大人たちが選ぶバッグ

In The Cityvol.8

Sho Shibuya

graphic designer

BAG : THE FRICK BRIEFCASE

BAG : OCEAN PKWY WAIST BAG

̶̶お名前と住んでいる場所と職業を教えてください。

Sho Shibuyaです。ブルックリンのグリーンポイントに住んでいて、グラフィックデザインをやっています。僕のグラフィックデザインスタジオの“Placeholder”も一年半前から運営しています。

̶̶マンハッタンポーテージはご存知でしたか?

もちろんです。10年前くらいに東京に住んでいたときはみんな使っていました。その頃はレッドレーベルを使っていたけど今はみんなブラックレーベルを使っていますね。

̶̶本日このバッグを使ってみてどうでしたか?

普段はレザーのショルダーバッグを使っていていつも左肩が痛くなるんですけど、これはリュックですごく楽でした。リュックってすごくカジュアルなイメージだったけど、これはデザインもシックでタグも黒のレザーでどんな格好でも使えるし、すごく合わせやすいと思いました。

̶̶このリュックの気に入った点はなんですか?

このサイズのバッグは飛行機の椅子の下にも入れやすくて横から物が落ちてしまう心配もないですね。このショルダー部分が他のバッグと全然違いました。一番よかったのは、ポケットがたくさん合って分けれるところですね。例えば旅行の時にはパスポートも入れやすいし、会社員の方ならペンや名刺も分けて入れれるし、パソコンと他のものを収納する場所が分かれているところですね。僕が普段使っているバッグは収納が別れていないのでパソコンとお弁当が同じスペースに入っているんだけど、これは分けれるのでとてもいいですね。見た目もお洒落でかっこいいし、肩にもいいですし。

̶̶ニューヨークで何か続けていることはありますか?

色々なお店で買い物した後に貰えるプラスチックバッグを来た1日目から集めています。スマイリーフェイスや文字のフォントやメッセージが全店違うのでグラフィックデザイナーとして面白いなと思いました。

Sho Shibuya(ショウ 渋谷)

日本生まれ。ニューヨーク、ブルックリン居住。8年前にニューヨークに来てグラフィックデザイナーをしている。プラスティックバッグを毎日集めた事で、環境における本を出版し、色々なデザインの仕事も手がけた。Placeholderというグラフィックデザインスタジオも一年半前から運営している。


THE FRICK BRIEFCASEItem No.MP1485TWLBL

¥44,000

バックパックとブリーフケースの2WAY仕様モデルです。
メインコンパートメントに加え、PC専用収納スペースを配備。
フロント部分はシンプルながら内側にはサイズの異なるポケットを配備しており、使い勝手のよいアイテムとなっています。
ITEM PAGE


OCEAN PKWY WAIST BAGItem No.MP1129TWLBL

¥19,800

コンパクトなデザインながら、ペットボトルや長財布等を収められる充分な収納スペースとメインコンパートメント内には、仕切りポケットとフロントにジップポケット、ショルダー部分にもジップポケットを配し、整理しやすい収納構造になっています。
ツイル生地は触り心地もよくなじみやすい為、長く使用しやすいアイテムとなっています。
ITEM PAGE

In The City BACKNUMBER